Home > 不動産業者 > 太白区の不動産売却の知識

太白区の不動産売却の知識

どんなに魅力的な地域で魅力的な不動産を売却しようと、購入しようと考えている人がいなければ売れません。

不動産売却に限らず、売買は巡りあわせという部分もとても大きいです。

巡り合わせが悪く、なかなか不動産が売却できない時、不動産業者が価格を下げましょうと提案をしてきます。

不動産売却で売値を少し高めにしているのは、買い手がなかなか現れない時は下げるという対応を取る為です。

確かに安くすれば購入者が現れるかもしれませんが、それは不動産業者がすべての策を尽くしてくれてからすべき対応です。

勿論これは太白区での不動産売却に限った話ではなく、全国の不動産売却でいえることです。

契約している業者が「やるべきこと」をきちんとやっているか、それをチェックするための最低限の知識は欲しい所です。

これについては不動産業者を選ぶときに役立つことなのですが、大切なのは「高く売れるか」という部分ではありません。

「何をしてくれるか」という部分になります。

不動産業者がきちんと物件をレインズ(国土交通省指定の不動産流通取引システム)に登録をしてくれているか、広告を出してくれているか。

とても基本的な事だしやっていて当然と思うかも知れませんが、意外にもこれらの対策をしてくれていない業者も少なくありません。

業者にとって重要なのは高値で売る事ではなく、どれだけ早くに売却ができるかという点です。

不動産売却を考えている人と業者の考え方が大きく異なっていますし、こういった業者は早く売りたいがために対策を打たずに価格引き下げを提案してきます。

勿論すべての業者がそうというわけではありません。

良心的な業者であればすべての手を打ち、打つ手が無くなったところで価格の引き下げを提案してきます。

この場合は残念ですが素直に引き下げるしかありません。

■記事ピックアップ⇒家が売れず「結果を出せ!」はNG。不動産屋はサボってるわけじゃない – まぐまぐニュース!

専門的な知識は必要ありませんが、ある程度の知識を持っているのは不動産売却において必要です。

自分の大切な不動産を売るのですから、正しい知識を持って不動産業者を選び、素敵な人にお譲りしたいものですよね。

Comments are closed.

TOP